Illustratorの使い方

【初心者さん向け】Illustratorの文字(縦)ツールを使えるようになろう!使い方やショートカットをご紹介!

2024年1月24日

【Illustrator】文字(縦)ツールの使い方
えいこ
文字(縦)ツールってどうやって使うのでしょうか??
文字(縦)ツールはテキストを縦書きで入力することができるツールだよ。詳しく説明していくね!
みいさん

 

文字(縦)ツールとは?

テキストを入力するツールを説明する時は毎度お伝えはしていますが、文字(縦)ツールそのものを説明する前に…。

Illustratorには、文字(縦)ツールを含め、テキストを入力するツールをが全部で7つあります。

みいさん
それぞれに特性があるから、使用するシチュエーションによって使い分けができるようになるといいね!

文字ツールの種類

 

改めて、今回は「文字(縦)ツール」について説明していきます!

Illustratorの文字(縦)ツールとは、テキストを縦書きで入力することができるツールです。

通常、テキストを入力する際は横書きになりますが、縦書きにしたい際は文字(縦)ツールを使用します。

みいさん
例えば、デザインのワンポイントとしてキャッチコピーを縦で入れるときに使うよ!

 

文字(縦)ツールの使い方

使い方①:文字(縦)ツールを選択する

まずは、ツールバーから文字(縦)ツール文字(縦)ツールをクリックします。

文字(縦)ツールが選択されると、カーソルはテキストを打ち込む際によく表示されるI(アイ)が横向きになったアイコンの周りに、点線の四角形が表示されたアイコンに変わります。

 

使い方②:任意の場所をクリックしてテキストを入力

文字(縦)ツールを選択したら、テキストを入力したい場所をクリックします。

そうすると、テキストを打ち込む準備ができるので、任意のテキストを入力します。

 

ポイント①:指定の範囲にテキストを入力したいとき

文字(縦)ツールは基本的に、自分で改行をしなければいけませんが、入力前にテキストを入力する範囲を指定してあげることで、その範囲内で自動的に改行をしてくれるようにできます。

方法は簡単で、文字(縦)ツールを選択し、テキストを入力する前に、ドラッグをして枠を指定します。

文字(縦)ツールできる枠の形は四角形のみで、この枠内でテキストを入力すると、枠の縦幅にあわせて自動で改行をしてくれます。文字(縦)ツール

 

文字(縦)ツールのショートカット

文字(縦)ツールのショートカットは、ありません。

 

文字(縦)ツールの場所

文字(縦)ツールは、ツールバーの4段目の左側にあります。

文字(縦)ツールが見当たらない場合は、文字ツールやエリア内文字ツール、パス上文字ツールなどと同じ場所にあるので、これらのいずれかのツールを長押しすると選択することができます。

※表示形式によって場所が異なる場合があります。
※バージョン28.0

文字(縦)ツール

 

まとめ

今回は、Illustratorの文字(縦)ツールの使い方をご紹介しました!

文字(縦)ツールを覚えておくと、スムーズにテキストを縦に入力することができるようになります!

しっかりと使えるように覚えておきましょう!

デザイナーになりたい方へ、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

一緒に理想のデザイナーに近づくために頑張りましょう!

-Illustratorの使い方