Photoshopの使い方

【初心者さん必見】AdobeのPhotoshopって何?特徴とできることをご紹介!

【初心者さん必見】AdobeのPhotoshopって何?特徴とできることをご紹介!
えいこ
Photoshopとは何ですか?
Photoshopは、WEBデザインをする上で欠かせない必須ツールだよ! WEBデザイナーを目指す上で、とても大切なツールだからしっかりと使い方を覚えておこう!
みいさん

 

今回は、Adobeが出しているPhotoshop(フォトショップ)についてご紹介します。

ここでは、ツールの使い方ではなく、そもそもPhotoshop(フォトショップ)とは何か、どんな時に使うのかなどを中心にお伝えできればと思います。

WEBデザイナーを目指す上で、欠かせないマストツールになります。

まずはPhotoshop(フォトショップ)がどんなものかを理解していきましょう!

 

Photoshop(フォトショップ)とは?

Photoshop(フォトショップ)とは、アメリカのソフトウェア会社であるAdobe(アドビ)が提供しているデザインツールのひとつで、主には写真を編集する際に使用するツールです。

デザイン業界の私たちは、「フォトショ」などとも呼んでおり、拡張子は「.psd」となります。

写真編集の他にも、テキストの加工もできるため、WEBデザインをする際には、Photoshop(フォトショップ)を使用することが多いです。

 

Photoshop(フォトショップ)でできること

Photoshop(フォトショップ)は、写真加工やテキスト入力などさまざまなツールやフィルターを組み合わせ、写真の加工をすることができます。

私がデザインを作る際によく使用するPhotoshop(フォトショップ)の使い方を4つご紹介します。

 

写真の補正・加工

Photoshop(フォトショップ)では、写真の色味を変更したり、イラスト風に加工したりと写真を自由自在に補正・加工することができます。

色味の変更は「色調補正」を使用し、露光量やトーンカーブなど専門的に編集することができます。

加工は、「フィルター」を主には使用し、イラスト風やモノクロなど様々な加工をすることができます。

写真の補正・加工

 

加工方法はネットで検索するとさまざまな加工方法が紹介されているので、デザインテイストに合わせて一手間加えるだけで一気にデザインの雰囲気も変わったりします。

みいさん
特にメインビジュアルを作る時におすすめだよ!

 

写真の合成・切り抜き

Photoshop(フォトショップ)には、「クリッピングマスク」という機能があるので、クリッピングマスクを使用し、正方形やハート、星など好きな形に画像を切り抜くことができます。

写真の合成・切り抜き

 

また、背景を透過にすることもできるので、人物だけの切り抜きや、使用したい写真の背景を透過することも可能です。

写真の合成・切り抜き

 

テキストの追加

Photoshop(フォトショップ)には、テキストを入力するための「文字ツール」が4種類あり、それらを使用することで写真にテキストを入力することができます。

テキストの追加

 

テキストのフォントの種類やサイズ、カラーも自由に指定することができ、オリジナルの画像を自由に作ることができます。

 

ブラシで加工

Photoshop(フォトショップ)には、ブラシ機能がありブラシの種類を選択すると自由に書くことができます。

ブラシで加工

 

これは、水彩のブラシを使用しており、2つ重ねただけでも背景画像を作るができました。

ブラシは既存のもの以外に、ネット上検索しダウンロードをすることができます。

※商用利用の確認は必ずしましょう。

みいさん
ブラシはデザインのワンポイントに使用することが多いよ。

 

Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)の違い

Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)は、「ベクター形式」と「ラスター形式」の違いがあります。

Illustrator(イラストレーター)は、ベクター形式なので、拡大してもボケないことが特徴です。

一方で、Photoshop(フォトショップは、ラスター形式なので、拡大するとボケて見えてしまうことがあるので、デザインを作る際は事前にサイズの確認をしておきましょう。

 

まとめ

今回は、Photoshop(フォトショップ)の特徴とできることを中心にお伝えしました。

WEBデザインをする際、Photoshop(フォトショップ)は本当によく使用し、クライアントからもpsdデータで納品を依頼されることもあるくらいです。WEBデザイナーを目指している方は、必須のツールとなります。

ツールの使い方もしっかりと覚えて、クライアントのイメージを可視化できるデザイナーを一緒に目指していきましょう!

デザイナーになりたい方へ、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

一緒に理想のデザイナーに近づくために頑張りましょう!

-Photoshopの使い方