Illustratorの使い方

【初心者さん必見!】Illustratorのパスとオブジェクトの違いとは?

2024年1月8日

【Illustrator用語】パスとオブジェクトの違いとは?
えいこ
パスとオブジェクトの違いってなんですか?
パスとオブジェクトって似ててごちゃごちゃになるよね。イラストも使って今から説明していくね!
みいさん

 

パスとオブジェクトの違いは?

まず、簡単にパスとオブジェクトを復習しましょう。

パスとは、「アンカーポイント」「セグメント」「ハンドル」のことで、

オブジェクトとは、テキスト画像パスのことを示しています。

みいさん
それぞれの詳細はこれを見てね。

パスとは?

【Illustrator用語】パスとは?
【初心者さん必見!】Illustratorのパスとは?知っておきたいIllustratorでよく使う言葉!

  パスとは? パスとは、オブジェクトを構成している「アンカーポイント」「セグメント」「ハンドル」のことをまとめてパスといいます。 パスは、ハンドルを操作することによって直線から曲線にしたり ...

続きを見る

オブジェクトとは?

【Illustrator用語】オブジェクトとは?
【初心者さん必見!】Illustratorのオブジェクトとは?知っておきたいIllustratorでよく使う言葉!

  オブジェクトとは? Illustrator上でのオブジェクトとは、テキストや画像、パスのことを示しており、Illustrator上で操作できるすべてのものをまとめてオブジェクトと呼んでい ...

続きを見る

 

さて、本題に戻りまとめると…

オブジェクトを構成しているのがパス。

つまり、パスとオブジェクトの違いは、オブジェクトの一部としてパス含まれているということです。

オブジェクトを分解していき、これ以上分解できないところまでいくと、最終的にパスになります。

 

まとめ

今回は、パスとオブジェクトの違いについてご紹介しました!

少しややこしいですが、Illustratorを使っていくうちに必ず感覚として慣れてくるので大丈夫です!

デザイナーになりたい方へ、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

一緒に理想のデザイナーに近づくために頑張りましょう!

-Illustratorの使い方